腰痛サプリメントの種類と選び方

サプリメント療法で根本治療を行うには

腰痛を治すに当たり、様々な治療を心がけている方が多いと思います。
「腰痛に良いと言われる事は何でもしました」と仰る方もいるかと思います。

 

しかし慢性的腰痛となってしまい、いつまでたっても腰痛とさよならする事が出来ない。

サプリメント

 

今回は根本治療が行えるサプリメント療法をご紹介します。腰痛は難しい病気です。
悩みをもたれる方に対して、直接的な療法では無いかもしれませんが、
治療に向う考え方として、これから記す内容を参考にして頂ければと思います。

 

腰痛に良いとされるサプリメントは複数あります。
あなたの身近な方が同じ悩みをサプリメントで改善したとしましょう。

 

「これなら私にも効くはず」と信じて購入したサプリメント。

 

ところが全く改善しない。お金だけが無くなり痛みは無くならない。
こういう経験ありませんか?これは同じ腰痛でも痛みの原因が違う事に気がつかずに
サプリメントを選んだ場合の結果です。

 

参考サイト<腰痛サプリメント比較ガイド

痛みの原因を正確に知る事

まず最初にやらなくてはいけない事[]痛みの原因を正確に知る事です。
かかりつけの医師、又は腰痛で訪れた病院の医師に
「私の腰痛の原因を教えて下さい。」と質問してみましょう。

 

その回答を得る事が第一歩です。原因は筋肉なのか?骨なのか?
軟骨なのか?それとも自分が過剰に腰痛を気にし過ぎて発している痛みや違和感なのか?

サプリメント


そのを知る事が第一歩です。
ここを外せば的外れな治療を行い、治すはずの腰痛が悪化する事もあります。

 

●痛みの根本的原因が分かれば、その根本理由にあわせたサプリメントを選びましょう。
これだけでも治療への道のりはグンと短くなります
。しかし、サプリメント療法だけで腰痛が治るのであれば苦労はありません。

 

医師のアドバイス、運動療法、日常生活の中で続ける地道な努力などがあって
腰痛は改善へと向います。何か一つでも欠ければ同じ腰痛を繰り返す事が続くでしょう。

 

●一生涯サプリメントを飲み続けなければならないのか?
ある一定の栄養の偏りや不足から来る痛みであれば、
治るまでの間はそれなりに示す量を摂った方が良いでしょうが、
治ってしまえばそれこそサプリメントの目的でもある「健康維持」に適した量を摂り続ければ良いのです。

 

治った後に摂る量は、恐らく治療中に摂る量の1/3以下ではないでしょうか?
その分、費用も1/3になりますし、治ってしまえば病院へ行く必要もなくなりますから治療費もかかりません。

 

●痛みが取れた後の問題
「健康維持」でも必要な量を摂る事を怠ったるのも危険です。
そもそもあなたの体に不足しがちな成分なのでしょうから痛みが出たのです。

 

摂る事そのものを完全に止めてしまえば、
また不足からくる事が原因で腰痛再発の可能性を増やすだけです。

 

少量でも続ける事で予防にも繋がります。
そうは申しましても「痛いから飲んでいた」というのも人間です。
腰痛再発と上手に付き合うには、いずれにしても地道な努力が不可欠なのです。